ちっちきちっちっちっちっち

BBAの壁を超えた記念碑

DAの解像度はどこまで必要なのか

たまにはデータ保存の記事でも書いてみます

欲求不満みたいなもんです

 

わたしはビデオ、雑誌、ラジオを保存することに生きがいを感じるタイプです

毎日飽きることもなく何かしら取り込んだものをリネームや整理してはちょろっと見て「はーこの時こんなことになってたのか、最高〜」と噛み締めて生きてます

 

その時を大切にしろ的なことがDA界隈ではとても重視されてます

が、私は時に思うのです、懐かしむことが悪とは言っていない

あの時に戻って同じ事を永遠にして欲しいと思う成長とか挑戦を捨てた気持ち?が作品を良いものにしない悪なのかなと

 

色々あるから深くは追求できないけど、作品をちゃんと受け止めるためにこういう資料を見て当時をちゃんと知るってとても大切と私は考えております

 

で、タイトルの解像度

 

とある印刷系?みたいな業種にいた時、解像度については学びました

出版とかに居たわけでないので、すっごく細かなことはわからないです

でも個人が所有するデータなどこんなもんでいいだろうっていう基準は踏まえてます多分一応

 

2010年くらいまで、雑誌などの紙媒体を取り込む際に先を何も考えず、再印刷して同じものが出来上がることを想定して取り込んでいました

だいたいこの目安が72〜350dppi

72は最低ライン、まあまんま印刷できるよっていうもの、350は一般的に言う印刷の写真の解像度の高めな方ですね

なので自身で雑誌なんかをスキャンしたりする時は350〜400とかに設定して安心してたんです

 

ただ、2010年ごろから恐ろしい商品がこの世に出回り始めます

4Kテレビです

画面でって一歳想定してなかったんですよね

紙は紙に印刷しか考えてなかった

 

これくらいの時、AppleiMacで5Kモニターを搭載したモデルを出したのです

5Kと言ったらテレビの5倍の表面積です(あたりまえ)

購入しました(現役)

 

いままでのデータを等倍率で表示して怖くなった

 

今後紙なんてものはどう考えても消えてゆく

画面はどんどんでかくなる

350で取り込んでたら足りない

 

ただこの頃には家にあるCDとか雑誌の半分は取り込んでるような状況で、戻れないわけです

取り込んだから捨てちゃえ〜ってしてたし

 

そこで、とりあえず取り込むものの解像度の目安をだいたい2倍に上げました

基本600で、小さいものは800とか1200とかで、とルール改正

 

この600という数字、ちょっとした基準がわたしにはあります

印刷物ってインクのドットで出来てるのであえてぼかすことでこのドットの塊がなめらかな写真になるのです

それを取り込む際に一緒に自動処理してくれる限界値が600、全部あとからぼかすのもできるんですがスキャナー付属の機能のがそう言うの長けてると思いこれ使ってました

自分でやるとどこまでもこだわれるし微調整し始めたらキリないんで

 

まあ、これでちっさい写真とかもだいたい安心感あるものになったわけです

 

そして近年になり、5Kだとか当たり前な世の中になってきました

TB(テラね)入るHDDなんていくらでも手に入ります

 

不安になりました

 

果たして永久に私はこの画像や音源たちを保管していけるのか、と

 

未来を見据え、保存するためにできる事をしよう、と

 

 

結果、現在は1600dppiでホコリとりだけフィルタをかけて、jpgで基本保存、保存は1回のみ上書きし、二度と手に入らないであろうものなどはtifで原本を残しています(さすがにtif1600を開くのはまだまだ辛い時代)

そして雑誌などは原本も必要になることばかりだったので全て保管

んで、HDDなんて怖いものでなくバックアップにGoogle drive 2T借りて、1600→600に落とした軽いデータのみ保存(プレビューこれ以上だとできないんで)

 

ここまでやってると全部tifにしろとか言われそう

色も8bitじゃなくて32bitにとか、なんならスキャナーに100万とか、、、こだわったら無限だから怖い

 

でもこんだけ解像度あれば生きていけるでしょう

インタビューの文章なんて最悪の場合読めればよいのだ

もうできる限りのことはした!多分!

 

 

いつか私は多分永遠的なものを手に入れたくてこんな事をやっている気がしています

 

 

そしてこんなことしてたら保存タイプコレクター仲間の方とのお付き合いもできるようになりました

みな、あの一瞬の一度しかテレビに映らなかったであろう貴重なデータを大切に持ち続け、それを必要な人にと共有してくださります

みな優しいし価値をわかっていて自分だけが見ているというのは勿体ないものだとわかっているのです

 

私にはこういったことが価値がないものなどとは到底思えません

すごく稀にですが「これ持ってる」ってマウントをとられる、逆にマウントでしょ?という風に捉えられることがよくある、稀によくある

そんな事より大切なものがあるだろって気持ちが煮えたぎる

人の優しさとかは踏み躙るもんじゃない

 

 

記録は大切だし思い出は大切だし逃してしまったものはどうにもならないから日頃の努力は大切だし、そういうものの価値をちゃんと大切にしたいと思います

 

はい、解像度ポエムでした

accessのZepp Tokyo公演の感想を全力で書きたい

こんなに幸せだったのは久しぶりです

accessZepp Tokyo公演に行ってきたのですが、Zepp自体すごーく久しぶり

いつぶりかわからなかったんですが、以前からZeppのことすごく好きでして

多分私が好きな音が私好みに綺麗に聞こえると思っている会場

耳なんてよくねーし細かいことわかんないんですけど、
なんというかSONY感を感じるっつか
ソニーミュージックのアーティストの曲聞いてるとこの辺の中高音が好きって思うところが昔からあって(んなのわかんねーよって感じだろうけど)

DAがZeppっていうのを結構楽しみにしてたんです

 

えらそーなことを言いやがってと思われるだろうっつか、
正直自分でこんな「音がよかったのよ〜」みたいなの見たらクッソ腹立つんすよね
なにド素人が言ってんだって
でも、Zeppだけは、Zeppだけは許して
本当に好きなの、だれかわかって!という気持ちで

 

そもそものZepp好きのきっかけは2006年ごろから2008年くらいに秋毎年DAがZeppツアーをやってたころ、なんか会場の音に目覚めたきっかけがあったというか

(多分)2006年にやった部活(まだクラブエベンツ呼びだったような時代)で、Puppet masterのロケット発射音が右から左にスーっと本当に綺麗に聞こえて

そういえばZepp Tokyoって全部の音聞こえる!って気がついたのがきっかけ

それからZeppが大好きになったのです

一応ちゃんと言っとくけどそんくらいしかわかんないっす
他に好きな会場はフォーラムA(2Fの前の方センター)、なんかすっごく綺麗に聞こえたことあった

偉そうに言ってますけどほんとそんな感じくらいの耳なんすけど、
Zepp Tokyoが多分すごく好みなんだと思う(他のZeppは正直あんま行った記憶ないから覚えてない)

すっげーデジタルに聞こえるみたいな

なので、たいっっっっっっへん楽しみにしてました

そして楽しみにしてたものが全て聞けたので感想を書くに至ったという前置き

 

適当に思ったことを書いときます

 

 

  1. Heart Mining
    これスタートってのは「残された僕らが 残さねばならない
    なんかなとか思っていた、まあ重いスタートだというか、
    始まりの曲って現状を伝える大事な説明曲と勝手に思ってる
    accessに思ったことなかったけど今回は思った)

  2. SUMMER NIGHT BREEZER
    でね、これですよ、
    もともとサマブリ吐くほど好きなんですよ
    で、なんでって考えていくと、とてもZeppに対する思い入れと重なるというか
    私がDA、access出戻ったのは2006年夏ごろ
    出戻った時にあったのはとにかくCDが出ない時間とCATCH THE RAINBOWとこの曲だけ
    どう本人たちが思っていたかなどわかるわけがないが、Rippin' GHOSTというあんなガシガシこれからやったるで!というアルバムを作っておいて、こんなに何も動けない状況、
    そしてその中で生まれたこんなスンバラシイ曲、もったいないしかない
    そりゃー悔しいだろう、サマブリのCDを出せないなんて、って思って数年アーブロばっかり見て過ごしていたあの何もない状態
    なんとなくだけど今と重ねてしまったりしていました
    だからこそ、2曲目にこれっていうのは私にとってはすごいでかい1曲だった
    サマブリはそういう曲、歌詞の内容とかでない、
    あの選べなかったaccessの道が見える、そんな曲だから好き
    そしてサマブリの迫力を思い知ったのが
    2006年9月11日くらいにやったDEEP SUMMER DEEP SUMMITというイベントでした
    Zeppで対バンでやったのですが、その時聞いたサマブリが本当に忘れられなくて
    ブランアンドルージュツアーで聞いたのと全然違くて、キレがおかしかった
    今ならわかる、Zeppとこの曲のあのキレキレな都会感のあるデジタルな高音がめっちゃくちゃ相性がいいんだと
    しかもアレンジがですね、私がすきな音だけを残したような、サマブリのいいとこどりなんすよ
    この辺でZeppでやるからとセトリ組んだりしたのでは?」という妄想まで生まれた
    とにかく、もう死ぬほど楽しくて仕方なかった
    サビ前のサマブリ!って感じのあの音をZeppで全部ちゃんと聞けてる
    しかも弾いて欲しいパートをDAが弾いてる

    ということでもう号泣でした、とにかく私得でしかなかった
    は〜大好き、と思っていたら一瞬で終わった

  3. f☆R☆E☆e
    で、これですよ
    やっぱさ、accessの訴えってそういうことだと思うって思ってしまった
    IMでブレスラで社会に対する悲痛な叫びを表すなら、
    accessはこの曲で自由になりたかったんやろな、みたいな?(一応IMと比べてとかって意味ではない、ただの悲痛な叫び系の例)
    うーんあんまり上手くいえない、ストレートな曲でもあるから余計、ストレートなことだけが言いたいんじゃないんじゃないかな、と思いながら
    そういう曲よね、そしてセトリの頭の方にこんなの持ってくるあたりほんとつええええって
    曲がらないaccessを見たなって思った

    MC

  4. S
    もうええかげんおぼえてるじゃろ?はいかわいい!と思ってみていた、そしてZeppで原曲オケっていうのがいいと!いうこと!と思って聞いていた

  5. NAKED DESIRE
    これ、前回聞いた!と言い切っていたけど調べてもらったら2019、2020年はやっていないと判明
    正直ニコ生のタイムシフトとか見直さない人間なので曖昧だけどとにかく前回やった時と同様のアレンジ
    (おそらくブラッシュアップしてるっていうやつなんでしょう)
    でね!これね!正直ずーーーーーっと不満だったのです
    HEYってするとこ、アタックをなくしてるっていうの?ディレイ?っていうの???
    とにかくヘヘヘヘヘヘーイイイイイイイってなってるわけです
    それの全貌が聞きたかった、とにかく
    今回ちゃんと聞けたよ!ありがとうZepppppppppp!!!!!!!!

  6. ANOTHER DAY
    わたしは驚いた、これを見て「あ、タンバリン起点で楽しもうって作ったツアーだったんだ」ってようやく気がつけた
    それまで上記したように聞きたいものが聞けないっていうのにストレス感じてたのです
    どうするつもりなんだって声荒げてるのも見ててちょっとうざいなって思ってたりしてたり(すいません、でもそうでしょ?)
    でもこんな簡単に解決策を提示して、なおかつ凌駕する、これがaccessというか浅倉大介と見せつけられた感
    あと走りがちになるから気をつけてと言われても、
    絶対リズムが早くなるのをなんとか制するDAがとにかく胸熱で
    我ら、DAに制されて演奏してんだぜ?っていう感動
    あと、ヒロはいろんなとこに気を回すのが大変そうで大変だったようだった

  7. closet
    好き、以上

  8. BEAT PLANET
    なんつーかツアーの結論に入りかけた、みたいなのを感じた
    勝手に

  9. Wild Butterfly Digital Ageha re-sync style
    はい、わたしね、この曲ほんと怖い曲だと思ってるんですよ
    ここでこれ持ってくるって、ほんとねっていう感じだった
    勝手に私的な今回のネオ結論曲でした
    それでも鮮やかに羽ばたくよっていう

    ここから後半
  10. ELECTLIC☆NIGHT
    結果、これ!っていう
    またZeppの話で申し訳ないんすけど、
    DA曲のループしてる音って、大体永遠に聞いてて楽しいって音を起点に作られてる気がしてるんですよ
    それの頂点がエレナイのイントロと結構思ってる
    それが!Zeppで!あの音聞ける!と思ったけど
    CDと同じ短い尺でとても悔しかった
    永遠に聴いていたかった

  11. CATCH THE RAINBOW
    これっすよ、前半の2曲目がサマブリ、後半の2曲目がこれ
    勝手にやっぱりこの2曲って悔しい時期を共に乗り切った2曲みたいなイメージで私は生きてるのでなんか胸熱だった
    あと今まで入っていたのか?サビでシンセリード音みたいなのが入ってて、
    単音(なんか知らんが)でhikokigumoのシンセリードのように空を飛んでいくように自由〜って感じの清々しい音が入ってて、
    今まで気がつかなかったのかは定かでないけどそれが最高だった
    (CD音源には多分入ってない気がする)
    本当にZeppだと音が眼に見えるように聞こえるんだってそれで再度実感
    楽しかった

  12. MOONSHINE DANCE
    これもね、胸熱でした
    あの武道館で聞いた時、大きい会場だから聞こえなかったであろう音がZeppだから聞こえる、と考えたら2002をもう一度体感しているような胸熱さで
    勝手にSUMMER STYLEってところでこのアレンジもってきてるって思ってるんだけど、やっぱね、こんなシンプルにごっちゃりといろんな音なってたんか!とすげー楽しかった
    そして圧倒的2002年感のあの踊れっていう感じ、ちょっとだけBBAになった自分も感じた

  13. 瞳ノ翼
    これよ、まずこの曲にあのsync paradeのような令和ジャンゴーなリズム合わせるってのがびっくりした
    で、令和に鳴っているDAの祭りのリズムはこういうのなのかなと少し思った
    でですね、サマブリと対照的って思ったのです
    なんつーかこの曲、視線よりちょっと上あたりに霞がかかったように聞こえる?
    なんつーか白いすりガラスな空間があるみたいに聞こえるんす、私は
    Zeppならそのガラスも透明になるんじゃと期待して聞いていたけどやっぱりすりガラスだった
    不思議
    で、サビ前にやっぱりパンするあのファーって音、Zeppありがとう
    すっげー綺麗に私の腰あたりを去っていった、好き、以上

  14. Knock beautiful smile
    よくわかんないけど最高に幸せだった
    これZeppのために選曲しただろと勝手に妄想確信して泣いた
    最高に聞こえた、全てが聞こえた、タンバリンの音って近くで生でなってるから意外に別のものと聞こえて気にならなかった
    とにかく幸せだった


-EN-

  1. PALE BLUE RAIN
    ピアノって最高ですね

  2. LIYN' EYES
    これだよこれ、本当に本当に感動した
    なぜならね、どうやってもね、わたしじゃ家でスピーカー設置しても限界があるんですよ
    最高に好きな環境で原曲を聴くという、そしてこんな音なってたのかって気が付けたという(でも忘れたけど)
    楽しかった、不思議だったのは音がなってる場所?が視線より高いところ?と感じたこと
    なんつーかだいたい視線の高さくらいに色々聞こえる(私は)
    それがすっごい天井の方でなってた気がした(支えてるリズムの音とか)


まーなにいってんのって感じですがこんな感じのことばかり考えていて幸せなZeppでした

追加もZepp!!!!!!!やったああああああああああ

DAおすすめ曲を書こうと思う 4(地獄の非売品・付録・公式本収録曲編)

ここを見ている方はおそらくですがもうドップリ浅倉大介の世界にハマりにハマっている人なので多くは語りません。

入手が容易でない曲、どうやったら手に入るんだよっていう曲をとりあえず私がわかる範囲で網羅しておきます。

とってもイバラの道であり運要素まで絡んでくる、ただ、聴いたらとても面白いかなと思うので紹介できる限り書いときます。

一応公式から出てるものに限ります。雑誌付録とかも含めます!が、1991年のデビュー以前のゲームミュージック等は含みません。

忘れてたり間違ったりあったらすいませんと先に謝っておきます。マニアックなやつ取り揃えた!という気分の塊!

 

 

 

浅倉大介ソロ

  1. 幻の7枚限定曲
    ・#PRISM
    ・#ARK
    JASRACの登録情報と実際に所持している方の写真により2曲のタイトルが判明しています。この世に7枚しか存在していないおそらく最も入手が難しいCD。

  2. Sound&Vision作曲講座にて作成した曲
    TV番組にて即興で披露されました。
    その場で何トラックか重ねて1分ほどのインストを作曲しています。

  3. EOS BXプリセット「EOS BXのテーマ」
    DA監修プロデュースシンセのプリセットデモ音源として収録、実機に搭載されボタンひとつでデモ演奏が可能です。

  4. DA'S COMPLETE RECORD〜decade of daisuke asakura〜 付属CD-ROM
    ・DECADE
    CD-ROMにて映像にて収録。CD-ROM自体再生環境が厳しくなってきているので一応。

  5. DecAde the best of daisuke asakura 特典CD
    DecAde~The Best of Daisuke Asakura

    DecAde~The Best of Daisuke Asakura

     
    ・robots
    特典CD付属。さっと買えない可能性高いので一応。

  6. The Philosophy of DA 20th Anniversary Book 付属USB曲
    DOUBLE DECADE with PT2
    付属キャラクターUSBにmp3形式にて収録。

  7. 知ってる24時。プレゼントCD(100枚?)
    ・TAKE ACTION(読売理工学院イメージソング)
    ニッポン放送「知ってる24時。」にて作詞と歌唱をリスナー、作詞補助を構成作家の石川が担当し限定プレゼント(正確な枚数忘れましたすいません)

  8. New Year Package 2005
    Le Petit Prince ~DA Mastered Original
    ・Christmas Greeting 2003 ~'03.12.23 X'mas Dinner Show Line Out
    2004年12月Darwinショップ(実店舗)にて限定販売。2曲が収録。
    (正確な枚数忘れましたすいません。200か300枚)

  9. ライブ配信音源
    ・Jade of sorrow -Live at 2004.9.11 Fukuoka-(配信サイト不明)
    ・Meme crack 〜ハルカ カナタのMajorへ -Live at 2004.9.18 Sendai-(配信サイト不明)
    ・Indigo cave -Live at 2004.9.25 Osaka-(配信サイト不明)
    ・Quantum Mechanics Rainbow VI(Listen Japan限定配信)
    Le Petit Prince - Live at 2005.10.9 Tokyo(OnGen限定配信)
    上記の5曲が配信限定でリリースされていました、配信元が1曲づつ別々のサイト(moraやOnGen等の配信初期のサイト)だったため現在では入手経路がない楽曲と思われます。

  10. キーボードマガジン 2007年8月号付録CD
    ・June Trance
    トランス曲の作品例として収録

  11. キーボードマガジン 2008年6月号付録CD
    ・トランス・トラック
    ・トランス・トラック (マイナスワン)
    トランス曲の作品例として2曲収録

  12. 2008年ディナーショー配信音源
    Ave Maria-Dinner Show Live 2008.12.23
    ・創出-Dinner Show Live 2008.12.23
    ・第九-Dinner Show Live 2008.12.23
    ・THE ELECTROMANCER-Dinner Show Live 2008.12.23
    ・rip-Dinner Show Live 2009.12.23
    ・‘Blanca’ - Dinner Show Live 2009.12.23
    ・Sound ∞ Restoration - Dinner Show Live 2009.12.23
    ・YA・TI・MA-Dinner Show Live 2009.12.23
    iTunesにて配信されていましたが現在配信終了。

  13. LIVE METAVERSE 2015 Re-Birth FC盤DVD予約者特典CD
    収録ライブ当日にかかっていたSE 2曲が収録されています。

  14. DA METAVERSE 2016 quarter point
    FC予約特典のDVDあり

  15. DAISUKE ASAKURA DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth
    FC予約特典のDVDあり

  16. 戦国修羅SOUL BGM
    iOS/Android用3DリアルタイムバトルRPG武将英雄伝『戦国修羅SOUL』のBGM。
    音源としてリリースされることもなく、配信も終了したため現在入手不可。

  17. Meme crack -ハルカ カナタのMajorへ 編集用音源
    ニコニコ動画内の二次創作企画にてCDブックレットには載っていない未公開歌詞とともに公開されていました。
    Zipにて固められたwavデータを公開。
    似たようなものにMetaverse楽曲を自身でリミックスできる専用アプリがありました。(調べ直してあとでちゃんと書きます)

その他にもシンセサイザー音色やEOS用楽曲データ等が多数存在します。
(詳しくなくってごめんなさい、まとめたら追記します)

また、未確認ですがFMラジオ番組の作曲情報に未発表曲名にてクレジットされていたことがあります。

そのほかにもライブにて即興で作られた曲、パーソナリティを勤めたラジオのジングル(SE)などは多数存在しています、一応リリース、OA、配布されたものはざっくりと記載したはず。

 

access

  1. ライブのみで歌われる曲 Loving You(Lovin' You)
    過去に一度だけラジオで流れたことがあります。
    本人たちもCD等音源に残ることを拒み続けており事故的な何かだったと予想されます。

  2. 伊集院光Oh!デカナイト テーマ曲
    HOT CRUISING NIGHTとNIGHT WAVEの歌詞バージョン違いがオープニングテーマとして使用されていました。

  3. NIGHT WAVE version 2002
    access TOUR 2002 “CROSSBRIDGE” LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUMにに収録されているライブ音源の元となっているスタジオ音源が2002年ごろにやっていたレギュラーラジオaccessのNIGHT WAVEのOPテーマとして使用されていました。

  4. Hung Me For the Distance [DEMO]
    access LIVE SYNC-ACROSS 2002 “SUMMER STYLE” LIVE at NIPPON BUDOKAN
    特典CDに収録。

  5. Catch the Rainbow 2011 (Pray for Japan Version)
    配信終了のため記載。

  6. access Special Live Event 20th Anniversary Party - MAIHAMA Amphitheater 2012.11.25、26
    2012.11.25

    ・DISTANCE -求め合うには遠すぎて-
    ・TEAR'S LIBERATION
    ・20th Special Medley
    ・20th Anniversary Song
    ・LOOK-A-HEAD
    2012.11.26
    ・PALE BLUE RAIN
    ・ANOTHER_DAY
    ・20th Special Medley
    ・20th Anniversary Song
    ・LOOK-A-HEAD
    access Special Live Event 20th Anniversary Party(2012年11月25〜26日 舞浜アンフィシアター公演)参加者のみに配信形式にて配布。
    両日のライブ音源が各日参加者に配布される形で、全10曲ほどが存在しています。

  7. fairy snow
    苗場イベント参加者にCDにて配布。

  8. Xtal X'mas
    苗場イベント参加者にCDにて配布されました。
    access BEST 〜double decades + half〜」Disc 3に収録されていますが一応。

  9. access 25th Anniversary Christmas in Naeba 「double decades + half Christmas Special Live」 配布音源
    Xtal X'mas
    ・White Lights
    accessからのメッセージ
    2018年 苗場イベント参加者へ配信形式にて配布。

  10. access TOUR 2020 SYNC-STR 来場特典DVD
    来場者特典DVD、基本リハーサルのオフショットですがデモ音源を流すシーンがあります。

 

Iceman

  1. Beach Breaker
    ハワイイベント参加者に配布されたカセットテープ
    収録内容は詳細不明。ちなみに昔持ってたんですが誰かにデジタル化してほしいと依頼したまま消えた、持ってたらどなたか返して〜〜〜〜〜

  2. The meeting of SMILE & Command IM VIRTUAL RADIO STATION 1997年 こいつぁ 春から めでいべ!めでいべ!カセットテープ
    イベント参加者へ配布、公開ラジオイベントにてEdge of the seasonのデモ音源「ライライライ切なくて」を初OAする様子が収録されています。

  3. GB1997年5月号(GBのテーマ)
    ソニーマガジンズ GB 1997年5月号付録CDに収録、GB Thema担当しGB付録のCDのBGMとして使用されました。

  4. Iceman Digital Play Stage(Praystation用ソフト)
    ゲームソフトでここでしか見れないライブ映像と写真が入っています。
    再生環境が限られているので一応記載。

  5. 1999.06.07 secret CLUB EVENT

    f:id:chikichikichi:20210524222448j:plain

    ボイスメッセージのみ収録ですが一応。
    1999年6月7日に行われたシークレットクラブイベントにて配布。

  6. 1999.07.07 secret CLUB EVENT

    f:id:chikichikichi:20210524222518j:plain

    ボイスメッセージのみ収録ですが一応。
    1999年7月7日に行われたシークレットクラブイベントにて配布。

  7. 藤原紀香をイメージした曲
    記載する必要がないものかもしれませんが。
    TV番組にて即興で披露されました。
    その場で何トラックか重ねて30秒ほどのインストを作曲しています。

  8. CRAZY JET(配布版)

    f:id:chikichikichi:20210524222550j:plain

    画像がひどいですが
    1999年2月14日 DA’s Special Valentine Party!!! 横浜アリーナにて配布されました。オリジナルのCRAZY JETのCDはこれのみで、現在も販売されているのは映像作品のみです。(MVに使われているのがこのヴァージョン、アルバム GATE//whiteに収録されているのはAlbum mix)

 

T.M.Revolution

  1. SHAKIN LOVE
    「The Summary-Summarize 1」に収録されていますが一応。
    CDに収録されている「SHAKIN' LOVE'97 〜LIVE REVOLUTION〜」の原型で、歌詞違いです。ライブのみで披露されていたバージョン。
    同様にShampooのカバーtroubleもライブ映像でのみ音源が残っています。

  2. ニッポン放送 青春花吹雪の歌
    西川貴教ANNのジングルとして使用されました。
    歌唱はT.M.Revolutionでキャスティング担当者が以前ファンだったことからブッキングしたという記録が残っています。
    当時のOAのみで聞けたもの。

  3. Go! Go! 金田重機の歌
    オークション番組ハンマープライスにて落札され製作されました。
    通常放送verと再放送verでサビが違う2パターンが確認されています。
    おそらく落札者のみが音源を受け取った入手困難を超えた一曲。

 

 

その他

  1. プラチナピエロ / コタニキンヤ
    ライブでのみ披露されている曲ですが一度だけ1999年11月20日日比谷野外音楽堂でのライブがViewsicにてオンエアされ音源が残っています。

  2. DA's Party Let's Count Down 99〜00

    f:id:chikichikichi:20210524222632j:plain

    ボイスメッセージが収録されたCD
    1999年12月31日に行われたDA's Party Let's Count Down 99〜00にて配布

  3. DA's Party 2000 / DA's Party All Stars
    1999年12月31日〜2000年1月1日に行われた
    DA's Party Let's Count Down 99〜00と、DA's Party Happy New Year Welcome 2000にて披露された楽曲。
    リリースはされておらず当日のフジテレビ特番「めちゃめちゃ あいしてる!」とViewsicでのライブ総集編番組にて放送された2パターンが存在します。(どちらも歌詞は一緒、演奏は生のため違いますが基本同じ)

  4. the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D -LIVE ARENA 2000 A.D.- Special DVD Version / the end of genesis T.M.R.evolution turbo type D  再発されていなかったような?
    DVDバージョンにのみCDが付属しライブ会場でかかっていたBGM「DA PREMIERE MIX 1:HIGH PRESSUREHOT LIMITWILD RUSH」が収録。
    また、HEAT CAPACITY 〜βversion〜は名の通りβversionで歌詞が主に違います。

  5. D・A・N・K 未リリース曲
    Alley- oop [DVD]

    Alley- oop [DVD]

    • アーティスト:RUN&GUN
    • 発売日: 2002/09/19
    • メディア: DVD
     
    01(ゼロワン)ほかタイトル不明の曲が数曲存在しているようです。
    主にライブにてダンスパフォーマンスのBGMとして使用されていました。
    Le Petit Prince ~DA Mastered Originalもそのうちの1曲)
    一応確かこのへんのDVDにちょろっと入ってたはず(ちがったらごめんなさい)

  6. The Seeker Le Grand Guignol プレゼント VHS
    曲ではないですが一応、D.Kのジャケット撮影風景が収録されています。

  7. The Seeker Cendrillon ライブ参加者限定配信版音源
    曲ではありませんが、発売日にライブ会場購入者特典として曲の導入となるD.Kの語りが2パターン配信にて配布されました。

  8. 君にバランス
    企画ものYoutubeでの映像のみで公開され現在は視聴不可です。

  9. TETSUYA KOMURO ARCHIVES PROFESSIONAL PRODUCTS
    PANDORAの唯一のライブ映像が収められています。完全限定生産品のため現在では入手不可です。

  10. 春咲小紅、シェリーに口付け / Mad soldiers
    2003年12月4日OA ラジオ Neo Age CurcuitにてOAされました。

  11. 雨上がりの夜空に、Lemon Tea / Mad soldiers
    公式サイトDA netのスペシャルコンテンツ内にてスタジオ音源を使用した映像を公開していました。

  12. GPS SUMMER FEST BGM / DAISUKE ASAKURA
    突如FMラジオの再生履歴に現れた正体不明の曲、詳細不明
    https://twitter.com/InterfmNowplay/status/1263251769989029888?s=20
    有識者さまありがとうございます)

  13. 木根さんのオールナイトニッポンにて即興で作った石井書店のジングル2曲
    確認中(有識者さまありがとうございます)

 

 

公式との分け隔てがとても難しいものとかほかにもあると思うのでちゃんとわかったものは後で更新します。

ざーっと拾えたものだけ。本気で調べ尽くしたら倍くらいありそうな気がしてます。

奥深すぎDA曲。

DAおすすめ曲を書こうと思う 3(The Seeker編)

おそらくDAプロデュースアーティストの中で究極のヴィジュアル系となるThe Seeker。宗教チックなワードや詩人ダンテ作品などから触発された歌詞で表現されるダークな世界観と、Icemanのギタリスト伊藤賢一のギターなのにギターに思えないギター、元ジュノンボーイの性別不明ビューティーヒールのD.Kのブっとびビジュアルとボーカルが楽しめます。

宗教的なテーマ等が散りばめられていますが、全てに言えることが御伽噺の世界や歴史の世界を掘り下げるのでなく、全てをなぞりながらブッ壊して現代の刺激に変えているような印象です。(リスペクトはしっかりとしているので悪しからず)

テーマに「仮想刺激」(バーチャルショック)を掲げ活動しており、ビジュアルも音楽も全てが刺激的です。
曲名に薬物の隠語等を使用したりとさまざまな角度からのバーチャルショックを幾度となく味わえます

DAオカルトアーティスト的存在。
浅倉大介ディズニーヴィランズワールドアーティストです。

 

 

 

とにかくこれ!The Seekerスーパーベストアルバム

f:id:chikichikichi:20210505111627j:plain

The Seeker「SONG COLLECTION」

↑公式ストアに飛びます。

とにかくほぼ全曲を網羅、入手困難となっているCDもほぼ全て楽しめる上、当時ライブでのみ数度披露されたカバー曲Fayrayの「Same night,Same face(Live ver)」まで収録されているのでとにかくこれを買うべきです。

 

 

 

オリジナルアルバムたち

f:id:chikichikichi:20210505115132j:plain

gnosis

ミニアルバムです。
随分と昔に廃盤となっており長らく入手困難品となっています。(購入リンクなし)
ですが上記したベストアルバムに収録されているので曲だけならば簡単に入手可能です。
ただ、タイトルがグノーシスとあるよう、アルバム自体がコンセプトアルバムであり、知識がないとわからないようなワードも盛りだくさん。
とりあえずこのへんのwikiでも読んでみてください。

グノーシスは、古代ギリシア語で「認識・知識」を意味し、自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想である

とあるようにヤバいものが色々詰まっているとわかります。 
ヤバい思想を押し売りしたりしているのではなく、その思想の世界観をバーチャルショックとして表しているというとんでもなく素晴らしい曲たちに出会えることでしょう。

 

 

f:id:chikichikichi:20210505121409j:plain

Le Grand Guignol

↑公式ストアに飛びますが、廃盤品のため、関連するDVD(The Seeker DVD『Le Grand Guignol -peindre-』です)

The Seeker唯一のフルコンセプトオリジナルアルバムです。なんだそれって感じですがとにかくThe Seekerの世界が1枚で出来上がっているのです。
タイトルのグラン・ギニョールの通り、様々なちょっとアブノーマルな世界を楽しめます。
タイトルで検索してでてくるwikiを読めば世界観が少し想像がつくかと思います。

CDを買う価値としてD.Kの美しさや歌詞の深さなどが実感できるブックレットがあるので現物を見かけた際は是非手に取ってもらいたい一枚です。

 

シングルたち

基本的にミックス違い等がなかったはずなので省略して。
なお、Stigmaを除く全てのシングルは廃盤となっていて現在はベストアルバムのみで購入可能です。

どの曲もコンセプトがしっかりとタイトルとジャケット写真に表れており曲のとアーティストを表す上で重要な要素と思われます。
いわゆるジャケ買いをしてみると楽しいアーティストかもしれません。

 

f:id:chikichikichi:20210505123123j:plain
Heavenly Blue

 

f:id:chikichikichi:20210505123323j:plain

DOWSING

 

f:id:chikichikichi:20210505123424j:plain

Gather Roses

 

f:id:chikichikichi:20210505123507j:plain

Cendrillon

f:id:chikichikichi:20210505123655j:plain

Stigma

こちらのみ公式Storeで現在も購入可能(タイトルで飛びます)

 

LIVE MIX Album『LIVING DEAD 0』

f:id:chikichikichi:20210505123824j:plain

LIVE MIX Album『LIVING DEAD 0』

ライブ盤です。公式Storeで現在も購入可能(タイトルで飛びます)

ライブ盤ということで優先順位が落ちがちと思われるのですが、ただでさえキレキレのThe Seeker楽曲がライブ用にリミックスされさらに尖った曲となっているので本当に別物として楽しめます。
後回しにされたち、スルーされがちかもしれませんが大変お勧めです。

 

The Seekerの前身となったK.Ito+D.K時代の楽曲

The Seekerという名前の決まる前、ユニット名はK.Ito+D.Kと表記されてサウンドトラックに参加していたことがあります。

曲自体はThe Seekerの名義にて上記のアルバムに入っているので詳細を知りたい場合は別記事(後日更新します)を参考にしてください。
なお、コタニキンヤ.がカバーしているバージョンもあるため詳細は別記します。

 

 

 

 

勝手におすすめするThe Seeker曲たち 

大変どうでもいい情報になりかねないのですが、勝手に私が好きで好きでたまらない曲をあげておきます。シングル曲も含みます、というかもうほぼ全曲。それほど大当たり曲ばかり。
参考にならないかもですが何かになればです。

  • Heavenly Blue
  • sortilege
  • Forgiven Eden
  • Fortress
  • DOWSING
  • Gather Roses
  • Acid Child
  • inticcabile~ イントッカービレ《犯されざる者》~
  • Kiss For SALOME
  • Forma divina
  • 神曲 -La Divina Commeda-
  • Stigma

 

DAおすすめ曲を書こうと思う 2(Iceman編)

いわゆる厨二病デジロックだとか好きですね?
わたしは好きです!!!!

IcemanFM音源の最高峰ってどっかで聞いたことあるんですが、Icemanを勝手ながら紹介したいと思います。

コードネームはIceman

 

 

初期Iceman

POWER SCEAL

POWER SCALE

POWER SCALE

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1997/03/26
  • メディア: CD
 

さまざまな方向性に挑戦していたIcemanが覗き見えるかと思います。
1990年台中盤を象徴するような曲調やIcemanならではの空気感が全面から見えます。
人によっては古臭さを感じる曲もあると思います。
バリバリの暗いデジロック、きれいなバラード、とにかく明るい遊び心溢れる曲、など色々なものを求めて聞くと思うんですが、全ての要素が入っていると言える。
コンセプトアルバムでなく、本当に色んなIcemanの世界が覗き見えるアルバムです。
Iceman後期の曲調が好きという方もIcemanの最終形へつながる原点の名曲がすでにここにあるので必須です。

 

Digiryzm Mutation

Digiryzm Mutation

Digiryzm Mutation

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: CD
 

ポップなザ!デジロックのコンセプトアルバムが聞きたいのであればぜひすぐに聞くべき。
初期のIcemanというものがとことん楽しめます。
本当に完成度とコンセプトの世界がすごいのでIcemanをごっそりと楽しめる1枚です。
ゴリゴリ曲からかわいい曲やしっとり曲まで、そしてそれらを完璧にまとめ上げられた世界観。ぜひ曲単品でなく全曲通して聞きたい作品です。
ただ、しっかりとポップな曲たちなので後期の曲が気に入ったという方はもしかしたら物足りなく感じるかもしれません。(多分絶対そんなことない)
そんな方にはMVやライブ映像もおすすめしておきます。よりIcemanの世界がわかるかと!

 

後期Iceman(GATEシリーズ)

GATE Ⅱ(GATEシリーズ3部作の1作目 赤盤)

GATE II

GATE II

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: CD
 

キレキレのIcemanが聞きたいと思ったのであれば迷わずこれを。
GATEシリーズと言われているコンセプトアルバムの3部作の1作目、Iceman後期のキレッキレの曲ばかりです。
さまざまなスピード感とマニアックとポピュラーの狭間のギリギリのラインの最高の曲が楽しめます。すごくキャッチーなのにとてつもないニッチな世界。
浅倉大介本人も思い入れがあると語っていた曲、GATE Ⅱ -sencetive gate-も入っています。(おそらく)ファンがこぞって名曲という曲が複数曲入っています
とにかくキレキレ!

 

GATE Ⅰ(GATEシリーズ3部作の2作目 黒盤)

GATE I

GATE I

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: CD
 

キレキレすぎて厨二病を発症する曲を聴きたいと思ったのであれば迷わずこれを。
GATEシリーズの2作目、Iceman後期のキレッキレの曲ばかりです。
Iceman最高BPMの高速デジロックから始まり、黒の世界観を表現しています。
とにかくもう攻撃的な浅倉大介を楽しみたくなったらこれ。
もちろんこれ一枚をチョイスするくらいならば先発のGATE Ⅱからシリーズ通して順に聞くことをお勧めします。
浅倉大介曲を聞いていく上でGATEシリーズは必須レベルです。

 

gate out(GATEシリーズ3部作の番外編 リミックス盤)

gate out

gate out

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1999/11/11
  • メディア: CD
 

上記したGATEシリーズにどっぷりとハマる上で確実に必須なリミックスアルバム。
入手困難品に含まれるかもしれません。(再発していないので)
ギリギリポピュラーミュージックだったGATEシリーズがよりマニアックに仕上げられています
GATEシリーズ以外からも1stアルバムからICE BREAKERがより凶悪となりリミックスされています。
Icemanが少しでも気に入っているならとことん聞いてみる価値がある1枚
GATAシリーズ3部作の完結予定だった日にこちらをリリースし、先伸ばししてまで世紀末を表現しています。

 

GATE//white(GATEシリーズ3部作の3作目 白盤)

GATE//white

GATE//white

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: CD
 

Icemanの最後のアルバム作品、GATE3部作の完結編です。
画像は再発版ですが1999年12月31日にリリースし世紀末を完全表現しています。
名曲ぞろいで優しいのにとても怖いというとてつもない厨二Icemanワールドが楽しめる1枚。
のちに浅倉大介のソロ活動Quantum Mechanics RainbowへつながるNeo Ageが収録されています。
当時のリアルタイム感、活動の大きな機転まで感じられるアルバムです。 

 

シングル作品たち

DARK HALF〜TOUCH YUR DARKNESS

DARK HALF~TOUCH YOUR DARKNESS~

DARK HALF~TOUCH YOUR DARKNESS~

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1996/07/29
  • メディア: CD
 

おそらくIcemanで最も知名度があるこのデビューシングルをとにかく聞きたいのであれば素直にシングルを探してみましょう。
どんな曲?と聞かれたら雛形あきこ主演の「闇のパープルアイ」というドラマの主題歌です。
初期のIcemanの原型であり完成形とも言える曲です。
んな言われても聞きづらいかもしれません、静かにガツン!と来る曲と勝手に思っています。とりあえず聴けばいいと思います。
カップリング曲WHAT'S WRONG?」はこれにしか収録されていません。そして言っておきたい。アルバムに収録されていないIcemanカップリング曲は名曲揃いだと。

 

BREATHLESS NIGHT SLIDER

BREATHLESS NIGHT SLIDER

BREATHLESS NIGHT SLIDER

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1996/11/16
  • メディア: CD
 

息苦しさみたいなのを感じたくなったらこちらを。結構聞く人を選ぶ曲かもしれません。早い、暗い、静かにガツンとくる。ザ初期のIceman曲です。
カップリング曲「Angel Dust」はこれにしか収録されていません。そして何度でも言っておきたい。アルバムに収録されていないIcemanカップリング曲は名曲揃いだと。

 

Edgi of the season

Edge of the season

Edge of the season

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1997/03/01
  • メディア: CD
 

春の暗い切なさみたいなのを勝手に感じる曲です。まだまだIcemanの初期の雰囲気の流れがあり、人気もとてもある名曲です。好きな人はイントロでもうやられます
細かいことですがカップリングの「Nartic Boy」はアルバムにも入っていますが、オリジナルミックスが聴けるのはこれだけ!(基本一緒なんですが本当にミックスが違くておもしろい、聞き比べてみてほしい)

 

 

FINAL PRAYER

FINAL PRAYER

FINAL PRAYER

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1997/08/21
  • メディア: CD
 

Icemanのノリノリな夏曲といったらこちら。
ジャンル的にはダンスとかでなくデジロックなのだと思います。TMRの夏曲みたいなのとは違う、重くドスっとした違うIcemanの夏が楽しめます。
カップリング曲「BREATHLESS NIGHT SLIDER (LIVE VERSION)」はこれにしか収録されていません

 

8番目の罪

8番目の罪

8番目の罪

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1997/11/21
  • メディア: CD
 

不思議なリズム感?とデジロックを楽しみたくなったらこちら。
「この曲からほぼ全ての楽曲制作を自分たちでやるようになった」という方向転換の1曲でもあります。
映画セブンより触発されており、1曲で7つの大罪の次の罪に対するIcemanなりの答えが出ているというキレキレの曲です。
カップリング曲では宇宙を遊びに遊び荒らしまくるIcemanも楽しめます。

 

LOST COMPLEX

LOST COMPLEX

LOST COMPLEX

  • アーティスト:Iceman
  • 発売日: 1998/03/21
  • メディア: CD
 

ガツンとしたデジロックをとにかく聞きたいと思ったのであればこちら。
綺麗なピアノから始まり展開される全てが厨二病まっしぐらの最強曲です。
Iceman初期の完成版、デジロック編というようなスキのない一曲です。
カップリング曲「Dizzy Boogie」はこれにしか収録されていないのですが、やはりIcemanを通る上で絶対に外せない名曲です。
かわいい、カッコイイ、切ない、など色んな感情を一気に味わえるすごいシングルです。

 

一応(ビデオ)シングル、CRAZY JET

f:id:chikichikichi:20210505175244j:plain

GATEシリーズの幕開けとしてイベントにてCDが配布され、ファンは曲を聞きGATEシリーズへの期待を大いに高めました。
その後VHSにてビデオシングルが発売されたのち、GATE//whiteにてアレンジ違いのものがボーナストラックとして収録されています。
再生環境等を選ぶのですがイントロの扉の鍵を開くような「カチャン」という音はオリジナルバージョンでしか聞けません。
GATEを開けるというまさに幕開けの音です。入手と再生が難しいですがぜひ。

 

 

 

さらにさらにIcemanの曲が聞きたくなった人へ

上記したCDでIcemanのリリースされている全曲を確認することができますが、正確にいうとまだまだIceman名義でリリースされた曲があります。
また別記事にて紹介してます。

 
chikichikichi.hatenablog.com

 

 

勝手におすすめするIceman曲たち 

大変どうでもいい情報になりかねないのですが、勝手に私が好きで好きでたまらない曲をとにかくあげておきます。一応シングル曲は省いてみてます。
参考にならないかもですが何かになればです。

 

  • WHAT'S WRONG?
  • ANGEL DUST
  • 黎明 -REIMEI-
  • Nartic Boy
  • ICE BREAKER
  • Dizzy Boogie
  • CYCLONE MUTANT
  • Harmit and Milk
  • E.v.o.l.u.t.i.o.n(インスト曲)
  • BEAT MY LIFE
  • Image of Tomorrow
  • PERFECT FUTUER?
  • Wish Matrix(DAボーカルパートあり)
  • CAUTION!
  • Space Dreamer(伊藤ボーカル)
  • GATE II -sensitive gate(DA語りあり)
  • Shining Collection
  • Strike Back of PSYCO
  • Last wild wind(伊藤ボーカル)
  • Deep Wild~厳格地帯における新開にて~
  • DEVIL CRY-MAX(伊藤&DAボーカル)
  • dope light
  • close your eyes ~夏への扉を開けた子猫に捧ぐ~
  • Neo Age(DAボーカル)
  • Genetic Bomb(Iceman全員ボーカル)
  • all over the distract(インスト曲)

 

 

 

DAおすすめ曲を書こうと思う 1(ベストアルバム編・もくじ)

最近なんとなく懐メロ的な感覚で昔流行ったなあというそらで歌える程度の曲をアーティストごとに聞き直してみています。

「あの頃こんな曲が流行ったな、フルで聞いたことないからベスト聞いてみよ」

「あーこのシングルも流行ったな、これ好きだったんだよな、こんな曲だったんだ」

そしてベストアルバムから好きな曲見つけてベストのシングル曲を聴きまくる。こんな感じです。

 

いっつもそうやって気になったアーティストを見つけたりした時、ベストアルバムが出てたらそれを検索してどんなのがおすすめなのとかレビュー見るんですけど、
不便に思っていることがあります。

どうせベストまででそこから先に進めないという問題です。

ベスト以外のオリジナルアルバム聞いてみようと思ってもおすすめ曲って検索してもどっからとっついていいのかイマイチわからない。
情報多すぎて選べないみたいな感覚?

これが名曲だって言われたって情報過多でそこまで辿り着けないみたいな?
適当にアルバムチョイスした後、聞いてから単品の曲名検索して名曲と言われてたの知って、早く言ってよ!となる。みたいな。

 

なので浅倉大介楽曲をすっごーく簡単にとっつきやすくできないかと思った次第です。
浅倉大介というアーティスト、作曲家に辿り着いた人が選びやすくなればいい。という考え。

つまり、超無謀浅倉大介全曲レビュー。

iTunes配信で聴けなくなった曲とかがあったりしたばかりだし、膨大なので結局聴けない。ということが起こらないように可能な限り気を使って書いてみたいと思います。

とりあえずとっつきやすいことを考え、入りやすいであろうTMR曲かaccess曲を聴き浅倉大介曲を探し出したであろう人を想定して。

あと、全曲聞きたくなっちゃったっていう人も想定して!

 

 

 

まずはこれ

浅倉大介曲が入っているベストアルバムをご説明

ベストアルバムをざーっとあげてみます、一応買いやすいよう、聞きやすいように全部amazonに飛べます。リンク貼るの楽なの、amazonで妥協して!あとは自分で調べて!

あと最初に言っておきたい選ぶポイントとして、素直になれ、先入観を捨てろ。

これは大切です。なぜなら浅倉大介というアーティストにたどり着いて気になった人なんて絶対全曲どこかしらに浅倉大介の素晴らしさを見つけてしまう才能があるから。

90年代の古い曲はな〜とかaccess以外はわからないしな〜とか、関係ないのです。

浅倉大介曲っていい感じと思ったなら、全部の曲に聞きどころを感じてしまうと思います。気になったところへ行きましょう。

古い曲でもとても今でも変わらない浅倉大介を感じられます。絶対。

 

 

そして何よりも、昔から浅倉大介作品に伝わる名言を送ります。

迷ったら買え。 

 

 

 

ざーっと昔に出た安価で買えそうなベストアルバムチョイス

浅倉大介作品のベストアルバム

ちょっと視野を広げ浅倉大介の初期のインストの曲、T.M.Revolutionになる前の西川曲が聞きたいのであればこれ。
ただ、もっといいベストアルバムあるよ!という感じです。

 

浅倉大介の2006年までのほぼ全ての活動からちょっとづつ色んな曲を聴きたいならばこれです。
ただ16曲と収録曲数が少ない上、本当にいろいろなところから1曲づつという感じなのでおためし要素が強いです。これよりいいのが後発にあるので、念の為といった感じ。

 

 

 

accessのベストアルバム

AXS SINGLE TRACKS

AXS SINGLE TRACKS

  • アーティスト:access
  • 発売日: 2002/03/20
  • メディア: CD
 

accessの1990年台のシングルだけが聞きたいのであればこれ一択。
ただこんなもん買うならもっと後発のもっと入ってるベストを買おう!という感じ。

 

AXS REMIX BEST

AXS REMIX BEST

  • アーティスト:access
  • 発売日: 1996/03/25
  • メディア: CD
 

accessの1990年代の曲のシングル曲のリミックスが網羅されています。
とってもいい!と言いたいのですが、やはりマニアックな部類でしょう。
色々聞いてアレンジャー浅倉大介を楽しみたくなる時がきたら
(いつか来る時なんですけどその頃には単品でもう集めてる気がしてる。)

 

access best selection

access best selection

  • アーティスト:access
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: CD
 

2007年までのaccessのシングルが網羅されています。本人セレクションのディスクが1枚づあるため、楽曲に対する意図とか感じ取ってみたくなったなら!
ただしこちらも後発のスーパーベストアルバムがあるので注意!

 

 

T.M.Revolutionのベストアルバム

The Complete Single Collection of T.M.Revolution 『1000000000000』-billion-

The Complete Single Collection of T.M.Revolution 『1000000000000』-billion-

  • アーティスト:T.M.Revolution
  • 発売日: 2006/06/07
  • メディア: CD
 

2006年ごろまでのTMRシングル曲が網羅されています。ジャケットデザインが佐藤可士和さんです。ガンダムのOPなどが含まれます。が、後発のベストがあるのでおすすめしません。

ほかにもガンダムに特化したのとかBASARAに特化したのとかたくさんTMRは出てます。(タイトル見れば大体わかる)
 

 

 

結構おすすめなベストアルバム

ここまでのもの、全て一応ベストでリリースされてるんですがあんまりおすすめしない。どうせならこれを買ったほうがいいよ!というものがこちら!

浅倉大介のいいかんじベストアルバム

DECADE~The BEST of Daisuke Asakura

DECADE~The BEST of Daisuke Asakura

 

これは買っておけば色々わかっちゃうんじゃないの!?と思うので。
2002年までのいろいろな活動加減がわかります。要所掻い摘んだ感のある2枚組です。
このCDにしか入っていない「Re-communicate」という曲が1曲あるので網羅したくなった時に必須です。Robotというインストも特典CDとして付属。2000年ごろまでの浅倉大介ソロの分岐点が見えます。
Icemanaccessの古い曲の有名曲がとにかく知りたい、聞きたいのであればこれを。

 

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point

  • アーティスト:浅倉 大介
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: CD
 

出ました!!!
現状浅倉大介の最強のベストアルバム」です。2枚組でポイントを抑えた名曲が楽しめます。
ただしTMR曲はほぼ入っていないので注意。多岐にわたるプロデュースアーティストの有名曲や名曲と言われるもの、マニアックだがDNAが濃いソロの曲も収録されてます。
「First Quarter moon 〜上弦の月」という曲がこれにしか収録されていないため全曲網羅したい場合は必須です。
これだけおすすめしといてアレなんですが、正直私は浅倉大介のベストアルバムは存在しないと思っています。なぜなら作品が膨大すぎて全然曲数が足りていない。
本当にさらーっと聞きたい人はとりあえずこれ買ってください。大体入ってます。

 

 

accessのいいかんじベストアルバム

access BEST  ~double decades + half~

access BEST ~double decades + half~

  • アーティスト:access
  • 発売日: 2017/09/13
  • メディア: CD
 

現在までのほぼ全てのaccessのシングルが収録。シングルだけでなく名曲だと言われている曲もほぼ全て網羅。さらに未リリースで会場配布でしかだった曲も入ってるのでまあ、買って損はない。4枚組と曲数も圧倒的!!!
気になる曲からオリジナルアルバムを漁るのにとてもいいと思われます。 

 

 

T.M.Revolutionのいいかんじベストアルバム

B★E★S★T

B★E★S★T

  • アーティスト:T.M.Revolution
  • 発売日: 2002/03/06
  • メディア: CD
 

TMR曲の1990年代の有名どころが詰まっています
風に吹かれてガムテやマフラーというドカン!って感じの曲が聞きたいならこれで十分です。ただしガンダムのタイアップ曲は含まれていません。
ただ最初にリリースされたベストということで2000年代の曲はほぼ入っていません。
1曲これでしか聴けない「hear」という曲が入っています。
じわじわくるヤバい名曲なのでTMRのバックボーンとかが知りたくなった全曲揃えたくなったら必須となるアルバムです。

 

2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-

2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-

  • アーティスト:T.M.Revolution
  • 発売日: 2016/05/11
  • メディア: CD
 

TMRの現状最も全曲が網羅されているベストアルバム!
シングルほぼ全部聴けます。最新の曲が好みなら別途シングルを買えばいい!かんたん!これで好きな時期やタイプを特定してその時期のオリジナルアルバム聴いてみましょうはい!

 

 

 

ベストなんてもういいの、早く細かい話しろって記事

ベストは上記したものでわたしからおすすめするのは以上です。
ただね、もっとベストアルバムあるだろって知ってる人は思うと思うのです。
ええ、ええ、膨大な数が出ています。
でも色々大変なことになってると思うんですよ。もう上記の効いた時点で色んなことやってたのね?って。
なので、こっから別記事紹介です。

 

デジロックとかバリバリ黒い浅倉大介曲を掘りたくなってしまった人へ 

とにかくIcemanって気になった!という人はこちらへ
速くてなんか厨二デジロックでカッケー!という曲が聞きたいのならとにかく聞くべきです。

chikichikichi.hatenablog.com

 

Icemanの厨二度では物足りない!怪しいしダークなドロドロ浅倉大介ワールドが聞きたい!と思うならばThe Seekerをぜひ聴いてほしい。

chikichikichi.hatenablog.com

 

 

浅倉大介という濃い世界を覗きたくなってしまった人へ

後日

 

とにかくaccessを掘りたくなった人へ

後日

 

とにかくとにかくT.M.Revolutionを聴きたい人へ

 後日

 

コタニキンヤとMad Sodiersというふざけたマジメアーティストが掘りたくなった人へ

後日

 

男性ボーカル曲がとにかく掘りたくなった人へ

後日

 

女性ボーカルのアーティスト曲が聞きたくなった人へ

後日

 

プロデュースアーティストと呼ばれる、いろいろな楽曲が知りたくなった人へ

後日

 

サントラというものを掘りたくなった人へ

後日

 

とにかくマニアック!入手困難な曲が掘りたくなった人へ

chikichikichi.hatenablog.com

 

 

 

 

おわりに

忘れてる曲とかあったらごめんなさい。 

浅倉大介曲はひろーく深い!

 

 

2019〜2021年現在に起こっていることを記録しておく

多分今人生の岐路的なものに差し掛かった状態な気がするのでちゃんと記録を取りたいと思い記事を作りました。

自身が許せないので憶測や予想は一切しないと思われます、私が自分に言い聞かせたいのは浅倉大介の真相はいつも闇の中ということ。
いつか、自分のため、誰かのためになると信じて記録。

自分で気がついたところだけ。思い出したりウラ取れたら更新またする。

 

2019年年末ごろ

09/22〜11/10
Takashi Utsunomiya Tour 2019 Dragon The Carnival
特に何もなかった

10/13
access TOUR 2019 sync parade
厚木市文化会館
台風の直撃で声を荒げた方も多かった印象

〜12/14
access TOUR 2019 sync parade
コスモスシアター
12月中盤にもなると周囲でコロナという言葉をよく聞くようになったような印象(あいまい)

12/30〜31
access TOUR 2019 sync parade 追加公演
豊洲PIT
ニューアレンジのsweet silence発表
特に何も起こっていなかった、2020エレナイの発表も確かこの日

 

2020年

01/04
Seq Virus 2020 Happy Reiwa 2
渋谷THE GAME
年始の部活、いつもながら三ヶ日をすぎすぐに動き出す
ハイタッチを行なっていた最後の公演、なんとなくコロナをみな意識していた頃と記憶していて、それでも現在のようなことになるとはそこまで考えていなかった(もちろん危惧してた人もいたと思う)

追記するが北海道等での部活の追加が発表されていた(抽選ののち返金対応)

01/18
Electronic Digital Kingdom 〜DAʼs Party 2020〜 令和賀正祭り
神田明神ホール
現状最後のEDK、次回の発表もなかったので続きがないのかなと思った人もいた印象

01/29
Coda growth配信開始

02/06、02/07
Takashi Utsunomiya Tour 2019 Dragon The Carnival
中野サンプラザ
2月に入り急激にコロナの影響が懸念され始めた印象
ライブの雰囲気等は参加していないのでなんとも言えない

02/14
Seq Virus 2020~R2~
代官山UNIT
現状最後の部活、バレンタインのためハートの入った曲をやっていた思い出
「ハイタッチは(さすがに)なし」というようなニュアンスの発言が最後にあり、納得という雰囲気の中終了
この頃には流石にみんなで打ち上げをして帰ろう!というようなことが言いづらい空気があった
perfume東京事変等がコンサートの中止、開催を発表し混乱が起こったのはこの直後の週末だったと思う

02/29
Meme crack - growth20 リリース
このリリースにより月末29日に連続リリースという方向性が知れ渡ったように思う
同日
NEO AGE CIRCUIT
コタニキンヤ、月末レギュラーの最後の回
月末恒例とは言っていたがレギュラーという表現はしたことがなかったように思う
事前告知等もなくゲスト出演がこの回を最後に終了
関係がないとも言い切れないので書いておくが、NEO AGE通信は2017年前後〜2019年3月の放送まで不定期掲載、2019年3月30日以降はコタニキンヤゲストの月末回のみになる(ほぼキンヤが書いていた)。2020年3月21日放送分を最後に終了

03/07
Seq Virus 2020~R2~
下北沢GARDEN
初の延期が発表される(後に払い戻しの対応)

03/13
緊急事態宣言発表
この頃、人が本当に街から消えた

03/19〜06/11
access ELECTRIC NIGHT 2020(初回発表)
延期

03/29
WAVELET PETAL リリース
Metaverseの世界に散る桜をイメージとの発言あり

04/08〜
インスタグラムにてライブ配信を21:00より開始
告知なしにて開始
4月11、15、18、22、24、25、28、5月2、4、5、9、13、14、16、20、23、24日を除き毎晩スタジオより本人が配信

04/24
Sync Parade 2020 リリース
以前「令和になった瞬間に作成していた曲」だったという発言あり

05/11
Entanglement capriccio リリース

05/13
Sequence Virus 2019 リリース

05/14
緊急事態宣言解除

05/25
インスタグラムにてライブ配信終了日

10/02
Olympus リリース
この曲のリリースにより現状ストックされていると思われる未発表曲が全てリリースされたこととなる

10/10〜12/18
access 2020 LIMITED CONCERT SYNC-STR
着席、発声制限、最前列フェイスガード着用にて開催

 

2021年

01/08〜
access ELECTRIC NIGHT 2020(2回目の延期スケジュール)

02/06
clubhouseに登録
一応、何度か色々なところに現れなんとなく近状を話したりする

03/02
access ELECTRIC NIGHT 2020
新木場COAST
03/14に配信とaccess ELECTRIC NIGHT 2021の決定のお知らせ

03/05
access ファニコン動画配信終了告知
ファニコンへ移行してちょうど一年で終了 

03/09
オフィシャルファンクラブSmileの終了を発表(Webサイト上)
3月31日に終了と発表
最終Smile Line no.154(発行3月末、予定通りの場合は4月発行)
書面にて同時に発送(到着時期的に考えて同時と思われるタイミング)

03/20
NEO AGE CIRCUIT
番組終了時に03/27にて終了のお知らせ

03/25
Smile line 最終号発送

03/26
インスタライブ再開

03/27
NEO AGE CIRCUIT
終了

03/31
Darwin Record配信楽曲のiTunes  Store配信終了発表

04/01
あんさんぶるスターズ メインストーリー第二部 宇宙戦争編公開

04/02 
ヒルナンデス 出演
あんさんぶるスターズ!フラタニティ「エンドレスヴィーデ(Game Edit)」リリース

04/14
DA mobileがクレジット決済に数時間対応
その後決済者もログイン不可

04/15
DA mobileがクレジット決済に対応を正式発表と同時に5月末に更新終了発表

04/26
Faniconマイピクチャ更新

04/26
21:30ごろよりツイキャスにて「外付けカメラで🌕見えるかな?」配信

04/30
Darwin Record配信楽曲がiTunes  Storeより予定通り配信終了

05/01
22:00〜インスタ生配信(雨曲特集)
Darwin Web StoreがFanicon内へ